今月のボーナスキャンペーン情報!

XMで日経平均株価(日経225)をハイレバレッジトレード!

このところ、ダウや日経平均株価など株価指数が乱高下していますね。

ダウの300円安や500円安はなんだか見慣れた光景に・・・。
一方、為替はというと、日経平均が500円以上下げていても、ドル円は20pipsも動いていなかったり。。

こういう時、ボラティリティのある相場が得意な方は、海外FXで株価指数をトレードするとチャンスが広がるかと思います。
XM なら日経平均をレバレッジ200倍、NYダウは100倍でトレードできますよ!

XMの株価指数取引

XM は海外FX業者ですが、通貨ペアの他にも株価指数、コモディティ(商品)やゴールド、原油などのエネルギー、さらに仮想通貨のトレードをすることが出来ます。

XMでトレード出来る株価指数
豪S&P/ASX200, 中国A株50, 欧Stocks, 仏カック40, 独DAX30, アテネ20, 香港ハンセン50, イタリアFTSE MIB40, 日経225, オランダAEX25, ワルシャワ20, シンガポールST指数, スペインIBEX35, スイスSMI20, 英FTSE100, 米ナスダック100, 米ダウ30, 米S&P500,
通貨ペアでは最大888倍のレバレッジをかけることが可能ですが、CFD取引の場合は商品によって最大レバレッジが違うので、スプレッドや条件は公式ページで確認しましょう。

株価指数の取引条件ページ

例えば、株価指数の取引条件ページを確認すると、日経平均株価(JP225Cash)は必要証拠金が0.5%なので、100÷0.5でレバレッジは200倍になります。
NYダウ(US30Cash)は必要証拠金が1%なので、レバレッジ100倍。

XMで日経平均CFDをトレードするメリット

  • 最大200倍のハイレバレッジでトレードできる。
  • ゼロカットシステム採用で、追証がない。
  • 為替FXと同じ口座でトレードできる。

日経平均株価CFD 国内業者とXMの比較

国内CFD XM
レバレッジ 10倍 200倍
追証 あり なし
ゼロカットシステム なし あり

レバレッジ200倍で日経平均株価がトレードできる

国内業者の株価指数CFD取引のレバレッジは最大10倍に制限されています。
海外FXの場合、規制の対象ではない為、日経225を200倍のレバレッジでトレードすることが可能です。

ゼロカットシステム採用で追証がない

また、XMではゼロカットシステム対応なので、もしも口座残高以上の損失が出たとしても、追証が発生しません。

ボラティリティがある相場の時は、ゼロカットシステムがある海外業者の方が安心してトレードできると言ってもいいでしょう。

為替FXと同じ口座で株価指数がトレードできる

国内CFD業者の場合、為替FX口座とCFD口座は別なので、両方トレードする場合にはそれぞれの口座に資金を振り分けなければなりません。
XMなら、1つの口座で通貨ペアの他、株価指数、原油、仮想通貨などのCFDをトレードできるので、資金移動をする必要がありません。

現物株式指数と先物株式指数の違い

XMの株価指数には現物と先物があります。
例えば、日経225の場合、JP225Cashが現物、JP225-MAR19と限月が表記されているのが先物になります。

XMの日経225 現物と先物の違い

現物 先物
レバレッジ 200倍 200倍
スプレッド 12円 24円
スワップ あり なし
配当 あり なし
決済期限 なし あり

先物の場合、スプレッドが24円と広くなるのでデイトレードの場合には現物のJP225Cashで取引するのがおすすめです。

また、現物のスワップポイントについては買いでも売りでもマイナススワップとなっています。
スワップ値は、XMのこちらのページで確認して下さい。
数日以上保有する場合、先物ならスワップポイントがかかりませんが、限月までに決済しないといけない点には注意しましょう。

配当については、配当発生日に現物でロングポジションを持っていれば受け取ることができ、逆にショートポジションなら支払わなければいけません。
配当発生日は、株価指数詳細ページで確認できます。

株価指数の取引条件ページ


昔の記事になりますが、私もXMで日経225を1000円抜きして11万から100万にしたことがあります。(XM使いたての超初心者だった頃。。)

この時は、約1カ月かけて1000円幅取ったのですが、今の相場だと1日で300円~500円幅が普通にありますし、上手い人はめちゃ稼げるのでは?!

株価指数のトレードに自信のある方は、ぜひXM で日経225を取引してみて下さいね( ・ㅂ・)و ̑̑