今月のボーナスキャンペーン情報!

2017年の米雇用統計の日程と時間

経済指標の中で超重要な指標といえば、米雇用統計!
米雇用統計の結果によっては、為替が一瞬で1円以上動くこともあり、FXや株などの取引をしている人にとっては大注目の指標ですよね。

なので、2017年の雇用統計のスケジュールをまとめておきました!

2019年の雇用統計の日程と時間はこちら↓

2018年の雇用統計の日程はこちら↓

スポンサーリンク

ハイレバレッジ取引が可能な海外FXの「XM」では、雇用統計発表日に大きく稼げるチャンスがあります!

米雇用統計の日程

アメリカ雇用統計の日程は、毎月第1金曜日、時間はニューヨーク時間の午前8時30分に発表されます。
ただ、たまに1週目ではなくて2週目に雇用統計が発表される月もあります。

本当は、毎月第1金曜日というわけではなくて、「前月の12日にデータ集計を締め切って、そこから3週間後の金曜日に発表される」というのが正しいそう。

なので、2週目の金曜に雇用統計がある月はスケジュールを注意しとかないといけません。
あと、夏時間・冬時間で発表時間も気をつけないと!ですね。
毎年3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まではサマータイムで、それ以外が標準時間です。

ということで、2017年の米雇用統計の日程を一覧にしてまとめました!
3月は第2週目が発表日なので、注意ですφ(・ω・*)

2017年の米雇用統計のスケジュール一覧

  • 1月6日 22:30(日本時間)
  • 2月3日 22:30(日本時間)
  • 3月10日 22:30(日本時間)
  • 4月7日 21:30(日本時間)
  • 5月5日 21:30(日本時間)
  • 6月2日 21:30(日本時間)
  • 7月7日 21:30(日本時間)
  • 8月4日 21:30(日本時間)
  • 9月1日 21:30(日本時間)
  • 10月6日 21:30(日本時間)
  • 11月3日 21:30(日本時間)
  • 12月8日 22:30(日本時間)

米雇用統計の発表時は大きく稼ぐチャンスなので、日程を忘れないようにチェックφ(・ω・*)メモメモ

大きく動く日は海外FXがチャンス?!

国内FXはレバレッジが25倍までと規制されているので、ドル円を10万通貨ポジション取ろうと思うと、40万以上の証拠金が必要です。
しかし、レバレッジが888倍かけれる海外FXなら、ドル円10万通貨持つのに必要証拠金はドル円111円の時なら12,533円程度で済みます。

レバレッジが高いと危険と思われるかもしれませんが、
海外FXはゼロカットシステムといって、もしも口座残高がマイナスになった場合にゼロに戻す機能がある業者が多く、
相場の急変で借金を背負ったりということはありません。
私が紹介しているXMも、もちろんゼロカットシステムを採用しています!

もしレバレッジ888倍で、12,533円で1ロット保有して、1円動いたら10万円の利益になります。
1円抜きで約8倍の利益が出るので、レバレッジを生かしたい方には海外FXがおすすめです!
XMサイト内の証拠金計算機で、レバレッジ毎の必要証拠金を計算してくれるので、
どれくらいの資金が必要か計算したい方は使ってみて下さい(。・ω・)ノ゙

雇用統計を予想して賞金を稼ぐ

XM」では、雇用統計前に米非農業部門雇用者数コンペを開催しています。
米非農業部門雇用者数の予想をFacebookで投稿して、見事に当てたら$1000のボーナスを取引口座にプレゼントしてもらえます!
予想の投稿は一人1回限り。

※正確な予想がなかった場合に賞金を獲得できる最も近い予想は、正確な予想から+1000或いは-1000の数字になる必要があります。
(例:結果が+14.2万人で、正確な予想をした人がいない場合、賞金を獲得できるのは、+14.3万人或いは+14.1万人を予想した人となります。)

米非農業部門雇用者数を予想して、ぜひ賞金をゲットしましょう(^O^)

XMの公式ホームページ