今月のボーナスキャンペーン情報!

競馬などのギャンブルの収入は一時所得か雑所得か?

最近、海外FXや海外バイナリーオプションの確定申告のついでで、雑所得に分類される収入について調べてたんですが、
競馬とかパチンコなどのギャンブルでの収入はどういう扱いになるんだろうと気になって調べてみました。

海外FX・海外BOの確定申告の仕方はコチラ↓

ギャンブル収入は一時所得

競馬・競輪・競艇・オートレース・パチンコ・パチスロなどのギャンブルは基本的には一時所得で、
一時的でないとされるものに対しては雑所得に分類されます。

この一時所得と雑所得、課税方法や経費の扱われ方が大きく違うので注意が必要です!

外れ馬券裁判

数年前に一時ニュースで話題になった「外れ馬券裁判」をご存知でしょうか?

2007年から09年の間、インターネットで28億7000万円の馬券を購入し、払戻金30億1000万円の配当を得た会社員(卍まんじ氏)が、所得を申告していなかったために、5億7000万円を脱税したとして起訴された裁判です。

国税局は払戻金を一時所得として扱ったために、課された所得税の額は、追徴金もあわせると6億4000万円!
利益の1億4,000万よりはるかに多い金額です。

なぜかというと、一時所得の場合、競馬の払戻金の経費は当たり馬券(万馬券)の購入費しか認められないからです。
つまり、外れ馬券の購入費は経費に該当しません。

この裁判の結果ですが、最高裁で卍まんじ氏が受け取った払戻金が雑所得として認められて、外れ馬券の購入費も必要経費として計上できるという判決が下りました。
その結果、卍まんじさんの脱税額も5,200万円に減額されました。

一時所得扱いになるか、雑所得扱いになるかでこんなにも課税額が変わってしまいます!

ちなみに、卍まんじさんは裁判後に競馬の勝ち方の本を出しています(‘ω’)

一時所得か雑所得どちらが得か?

では、一時所得と雑所得、どっちの方が得かという話になりますね。

経費の点からみれば雑所得の方がいいようにも感じますが、
一時所得の場合は50万円特別控除があり、さらに課税対象は所得の2分の1です。

一時所得の計算

一時所得の計算方法は、以下の通りです。

一時所得の金額=(総収入額-必要経費-特別控除額(最高50万円))×1/2

ただし、一時所得の必要経費は収入を得るために直接要した金額に限ります。
つまり、競馬なら万馬券の購入費だけが経費扱いです。

雑所得の計算

雑所得の計算方法は単純に、収入から経費を引いた金額になります。

雑所得=総収入金額-必要経費

雑所得の必要経費は、収入を得るために要した金額が認められます。
つまり、外れ馬券の購入費も経費として計上できます。

競馬の馬券の買い方や、ギャンブルでの儲け方の方法はそれぞれ違うので、一概にどちらがいいとは言えませんよね。

先ほどご紹介した「外れ馬券裁判」の例で判断すると、経費を多く要するものは雑所得の方が課税額が少なくなるということになります。

ただ、「はずれ馬券裁判」のような特殊な例でないかぎり、ギャンブルの収入は一時所得として申告するのが無難だと思います。
一時所得の方が、特別控除があって、課税対象も所得の2分の1ですし。

 

ちなみに私、こんなに競馬の税金のことについて書いてますが、競馬は1回だけ行ったことがあるだけです(^^;)
競馬おもしろそうだなぁと最近ちょっと興味は持ってます( ・ᴗ・ )
でも、なんか馬のこととか、勝敗率とか色々研究しなきゃいけなさそうだし、大変だぁと思って結局やってないですが。
そのうち始めて、ハマりだして、「今日の有馬記念の結果は・・・。」とかブログに書いてるかもしれないですけどね( *^皿^)笑