今月のボーナスキャンペーン情報!

【海外FX】MT4・MT5で年間損益計算書(年間取引報告書)を取得する方法|確定申告準備

海外FXでは国内業者と違って基本的にブローカーから年間損益計算書(年間取引報告書)が郵送されてくることはありません。
なので確定申告の際、自分でMT4もしくはMT5で1年間の取引レポートを出力する必要があります。

私も海外FXを始めて最初の年にやり方というか、出力して印刷する方法を知らなくて確定申告の締め切り直前でドタバタした記憶があるので(^^;)、
この記事ではMT4とMT5で年間損益計算書を取得する方法を解説します。
損益計算書(年間取引報告書)の取得方法が分からないという方のお役に立てたら幸いです( ・ᴗ・ )

MT4で年間損益計算書を取得する方法

STEP.1
取引履歴の出力

年間取引報告書を出力したい口座にログインして、
ターミナル欄の『口座履歴』のタブを選択。

口座履歴のパネル上で右クリックして『期間のカスタム設定』を選択。

確定申告の対象の期間を指定。
【例】
個人口座の場合は、『開始:20xx.01.01』『終了:20xx.12.31』を選択してOKボタンを押すと、1年間の取引履歴が表示されます
STEP.2
取引レポートの保存

1年間の取引履歴が表示されている状態で右クリックして『レポートの保存』を選択。

PCの任意の場所に保存します。
この時、ファイル名に『ブローカー名+口座番号』を付けると分かりやすいです。
私の場合は、年間損益フォルダを作ってそのフォルダに各口座の年間損益書を保存しています。
STEP.3
年間損益計算書を印刷

損益計算書を印刷する場合は、ダウンロードしたHTMLファイルを開いた状態で右クリックして『印刷』を選択で可能です。

MT5で年間取引報告書を取得する方法

MT5の年間取引報告書の取得方法はMT4とほとんど同じで、項目の名前が少し違ったりするくらいなので画像は省略しています。

STEP.1
取引履歴の出力
年間取引報告書を出力したい口座にログインして、ツールボックスの『口座履歴』のタブを選択。
口座履歴のパネル上で右クリックして『期間指定』を選択し、
確定申告の対象の期間を指定。
STEP.2
取引レポートの保存
1年間の取引履歴が表示されている状態で右クリックして『レポート』⇒『Open XML』もしくは『HTML』(希望のファイル形式)を選択。
PCの任意の場所に保存。

取引レポートの見方

MT4の取引レポート

レポートの一番下のSummaryの『Closed P/L:』に記載されている金額が確定損益で、確定申告ではこの数字を『雑(その他)所得の入力』の『収入金額』の欄に入力します。

ちなみにSummaryの各項目の意味は下記の通りです。

Deposit/WIthdrawal 入出金額
Closed Trade P/L 確定損益
Balance 残高
Credit Facility ボーナス額
Floating P/L 含み損益
Equity 有効証拠金
Margin 必要証拠金額
Free Margin 余剰証拠金

MT5の取引レポート

MT5では、レポートの一番下の結果の部分にある『総損益』の金額を確定申告で申告します。
MT5の場合、表示言語が日本語であれば取引レポートの項目名も日本語で表示されるので説明は不要かと思います。



以上、海外FXの確定申告で必要な損益計算書(年間取引報告書)をMT4・MT5で取得する方法について解説しました!
個人の確定申告期間は2月17日から3月16日までです。(2020年の場合)
確定申告に備えて早めに準備しておきましょう( ・ㅂ・)و ̑̑