今月のボーナスキャンペーン情報!

ビットコインはじめました!

私、前からビットコイン投資に興味を持っていたんですけど、
ついに最近ビットコイン(暗号通貨)デビューしました(*´▽`*)

今までは、株でビットコイン関連株を売買したりしてたことがありましたが、実際にビットコインを取引するのは初めてでした。

ビットコインの運用方法は売買だけではなくて、様々な投資方法での稼ぎ方があるので、今は色々と試しているところです!
お金がないので少額投資ですけどね(^^;)

ビットコイン投資を始めたきっかけ

私、2年くらい前からビットコインに興味を持ってたんですが、
興味はあるけどそのままの状態がずっと続いていました。(長すぎ?!)

というのも、よく分からないし難しそうというイメージと、
すでに上がり過ぎで今から買っても遅いかもしれないという考えが多分あったと思います。
なので、詳しく調べたりするまでには至っていませんでした。

Brexitの国民投票でイギリスのEU離脱が決まった時にビットコインが急騰したり、
ビットコインの急騰急落のニュースがある度、関心を持って見ていましたが、
私がビットコインを始めようと実際に行動するきっかけになったのは、
2017年1月5日にビットコインが15万円の高値を更新したというニュースです。

まだ上がるのかとビットコインのことを色々調べているうちに、ビットコインの様々な投資法を知り、
「よし、自分もやってみよう!」という状態に至りました。

ビットコインの値動き


2016年12月初旬に8万円台、下旬の25日には10万円台だったビットコイン。
2017年1月頭にはさらにその勢いは加速して、1月5日は15万円を記録し高値を更新しました。
約10日間で50%の上昇です(゚Д゚;)

特に目を見張るのは、1月5日の値動きで、始値は13万2,205円、そして高値は15万2,000と1日で20%近くも値上がりしていました。
しかし、高値を記録した5日のその夜に、ビットコインは暴落。
終値は11万1,680円、そして安値は10万2,100円と、1日の値幅はなんと約5万円です!
高値と安値では50%もの値動きですよ( ゚Д゚)

ビットコイン暴落の原因は中国

1月5日のビットコイン暴落の原因は、中国の通貨当局が資本規制を強めたことにより人民元が急騰したためだとみられています。

さらに中国当局は11日に中国国内の取引所3社に対して立入検査を実施。
これを受けてビットコインの規制強化を危惧した売りが入り、12日には8万円台の値をつけました。

人民元の上昇=ビットコインの下落

ビットコインの取引は中国人が90%以上を占めているとも言われています。
中国の投資家は、元安の進行を懸念してビットコインを買いあさっているため、
人民元高でビットコインは下落するという関係が成り立ちます。

ビットコインの相場は、中国の対応を含め、仮想通貨関連の様々なニュースで暴騰暴落するので、まだまだ乱高下の激しい値動きが続きそうです。

日本におけるビットコインの法的な扱い

日本はというと、2016年5月25日に「改正資金決済法(仮想通貨法)」という法律が成立しました。
この法律で、仮想通貨も財産的価値を持つと定義され、正式に決済手段として認められることになりました。

この情報が、私がビットコインを始ようと思った決定打でした。
国に資産として認められことはかなり大きいです。

仮想通貨法は1年以内に施行されることになっているので、2017年6月までには施行されます。
仮想通貨法が施行されると、日本国内でビットコインの普及が進むことが考えられます。

ニュースでも、「ビットコインを支払いに使える店舗は2017年中にも現在の約5倍の2万ヶ所まで増える見通し」とすでに報道されています。

ビットコインの普及が進むと、価値も上がると考えらます。
なので、私はビットコインの取引を始めることにしました(^^)

ビットコイナー目指して

私がビットコインを始めたきっかけを長々と書きましたが、
つまりはビットコインに可能性を感じて仮想通貨投資を始めたということです(^^;)
将来、多くの人が普通にビットコインで決済していることがあるかもしれません。

私は、ビットコイン初心者なので色々と勉強が必要です(^^;)
ビットコイン愛好家のことをビットコイナーと呼ぶそうですが、
私もビットコイナーだと堂々と宣言できるように勉強していこうと思います٩( ・ω・ )و